種類が豊富なダイエットサプリですが、大きく3つの種類に分けられます。

MENU

ダイエットサプリ

ダイエットサプリの入った瓶

飲むことで痩せるとして人気を博したダイエットサプリですが、今では様々な種類の商品が展開されています。
ダイエットサプリとは、食事制限や運動によるダイエット効果をサポートする成分が含まれた商品です。
サプリさえ飲めば自由に食べても痩せるというような魔法の薬ではありませんが、適切なサプリ選びをすれば効率よくダイエットを行えるでしょう。

 

本ページでは、サプリメントの種類を3つに分けて解説します。

 

 

サプリの種類

脂肪燃焼系

脂肪燃焼系のサプリは体脂肪の燃焼を助ける成分が多く含まれています。
脂肪燃焼系には大きく2つの種類に分けることができます。

 

褐色脂肪細胞をサポート

褐色脂肪細胞とは、筋肉のように脂肪を燃やしてエネルギーを生み出す細胞のことです。
脂肪を燃やすことができるミトコンドリアを多く含んでいます。
この細胞は肩甲骨の周辺や首周りなどに存在しています。
普段はスイッチがオフになっており、褐色脂肪細胞を冷やしたり、肩甲骨を使ったりすることで活動を始めます。

 

ダイエットの際は、褐色脂肪細胞の働きをサポートする成分を含んだサプリを服用するだけでなく、合わせて褐色脂肪細胞のスイッチをオンにしてあげることが大切です。

 

ミトコンドリアを活性化

ミトコンドリアとは、細胞の中に含まれている器官のことで“脂肪を燃やす”チカラがあります。
この細胞を活性化させることで、効果的に痩せることができるのですが、注意すべき点があります。
ミトコンドリアは脂質の消化を行いますが、他にも糖質やタンパク質の消化も行うことができます。
また、人間のエネルギー源には主に糖質が使われており、糖質がなくなることで初めて脂質の消化を開始するのです。
つまり糖質を取りすぎてしまうと、脂質が燃えることはありません

 

ミトコンドリアの働きをサポートするサプリを摂取する際は、「糖質制限やプチ断食」を活用し糖質の摂取量を意識することが重要です。

 

カロリーカット系

カロリーカット系は、総じて食べ過ぎてしまう人におすすめのサプリです。
糖質と脂質のどちらへ働きかけるかで、選ぶサプリが変わってきます。

 

糖質カットサプリ

人間のカラダは糖質によって太る仕組みになっています。
通常食事の際に炭水化物を摂取すると、血液に糖が運ばれていきます。
この状態を “血糖値が上がっている”とよく表現します。
そうすると人間のカラダからは、血糖値を下げる働きを持つインスリンと呼ばれる成分が分泌されます。
インスリンは血糖値を下げるほかに、糖を脂肪に変えてしまいます。

 

インスリンの分泌を防ぐには、糖質カットサプリで糖質の吸収を抑え、血糖値の急激な上昇を防ぐ方法が効果的です。

 

脂質カットサプリ

脂質カットサプリは脂肪燃焼系とは異なり、脂肪の吸収を抑える成分が多く含まれています。
食事に含まれている脂質を回収して腸まで届けくれるキトサンと呼ばれる成分が多く含まれているのが特徴です。

 

排出サポート系

食べたものをしっかり排出することを目的した成分が含まれるサプリです。
腸内環境の改善に効果がある、乳酸菌や食物繊維が多く配合されています。
他のサプリに比べると、効果が出るまでが早く実感を得やすいサプリです。
また食物繊維には、体の毒素や老廃物を出すデトックス作用があり、美肌への効果も期待されます。

 

ダイエットサプリを効果別に分けて説明してきましたが、いくつ知っていましたか?
ダイエットサプリを利用している方は、ちゃんとダイエット法とサプリが一致しているか確認しておきましょう。
ダイエットの基本は、「食事のバランス」と「適切な運動」です。
ダイエットサプリはこれらの努力を後押ししてくれる商品です。
冒頭にも述べたように、飲むだけでは効果がないことを忘れないでください。