ダイエットの効果が出ない原因は必ずあります。NG行動を確認しましょう。

MENU

ダイエットにありがちなNG行動

NGダイエットに注意

ダイエットを正しく理解できていますか?
痩せようと頑張っているけど、なかなか結果が出ずに諦めてしまう人や思い悩む人は少なくないでしょう。
ダイエットは植物を育てるのと同じで、実をつけるにはしっかりと知識をつけなくてはなりません。

 

今回は、ダイエットにおけるNGシーンをご紹介します。

 

 

自分にあったダイエットをできていますか?

ダイエットは、その方法によってアプローチの種類がたくさんあります。
もしかすると体質にあっていなかったり、太っている原因が違うところにあったりするかもしれません。
普段の生活を書き出してみて、ダイエットとの相性を確かめましょう。

 

 

栄養は足りていますか?

栄養バランスの良い食事

糖質制限にありがちな間違いです。
食事を制限することで、最初のうちは体重が落ちます。
もちろん絞るところは絞ってOKです。
ただし、その分足りない栄養はタンパク質や脂質で補いましょう。
栄養が不足すると筋肉が落ちてしまい、その分だけ基礎代謝も落ちてしまいます。

 

 

3食きちんと食べましょう

ダイエット期間中に、食事を抜くことで体重を落とそうとする人はたくさんいます。
その瞬間は食べない分太りはしませんが、長期的には何の意味もありません。
食べなかった分を取り戻すために、カラダは栄養を吸収しやすくなってしまいます。
また、1食抜くだけでも代謝する機能は落ちてしまいます。

 

 

食べる順番にも影響あり?

食べる内容も大切ですが、口に運ぶ順番も大切なことです。
せっかく痩せるためにメニューを考えたなら、食べる順番も意識してみましょう。
まずは、食物繊維を含んだ野菜などを食べるのがおすすめです。
次にタンパク質を含んだおかずを食べ、炭水化物は最後にしましょう。
こうすることで血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

 

よく噛む

よく噛んで食べることは健康によい、という話は有名ですよね。
噛むことで満腹中枢を刺激され、無理のない制限を可能にします。
知ってはいても案外噛むことまで意識している人は少ないのではないでしょうか?

 

肉を食べましょう

肉は糖質の量が少なくタンパク質が豊富に含まれています。
糖質制限中はご飯を減らし、お肉を食べると栄養が回収できて満腹感があるためお得です。

 

間食はときに重要です

ダイエット中の間食はNGだと思われがちです。
しかし、空腹のストレスによって食べ過ぎてしまうようなら、思い切って間食することも大切です。

 

運動は量より、継続に意味があります

継続的にスポーツをする女性

たくさん運動すればそれだけ効果が望めます。
しかし、カラダに負担をかける必要はありません。
ウォーキングやジョギングでも十分な効果があります。
大切なのは“継続”です。

 

汗をかく≠痩せる

汗をかくのは体温調節のためであり、脂肪を燃やしているわけではありません。
一時的に体内の水分を外に出しているため体重が減ることはありますが、水分補給をすれば元に戻ります。

 

おわり

NGシーンをみて、思い当たる項目はなかったでしょうか?
もしかすると1つの掛け違いを正すだけでも効果が出てくるかもしれません。
これまでのダイエットを見直し、無理せず、モチベーションを維持できるようなダイエットを心がけましょう。