痩せやすくて栄養バランスが良い和食の比率を高めると、ダイエット効果が得られます。

MENU

食事で痩せる

食事は体重の増減にもっとも大きな影響を与えます。
食事量や摂取カロリーを抑えるのがシンプルなダイエット法ですが、間違ったダイエットをするとリバウンドしたり、栄養不足で肌質の悪くなるデメリットがあります。

 

正しく食事で痩せるには、栄養バランスの良い食事を取ったり、外食など太りやすい食事を控えるように心がけないといけません。

 

また、食べる物だけではなく、就寝前には食べるのを控えて、朝食を抜かないなど食べる時間にも気を付けないといけません。

 

さらに、過度な食事制限や好きな食べ物を控えたり特定の食材ばかり食べると、それがストレスになってしまいます。ダイエットにストレスは大敵で、反動による暴飲暴食を引き起こす要因にもなります。

 

 

食事で痩せる基本

  • 少ない食事量やカロリーで満腹感を得る
  • 夜の食事を増やさないようにする(夜間は血糖値が高くなり脂肪を作りやすい)
  • 糖質を控える
  • 水分補給はしっかり行う
  • 栄養バランスを良くする

 

不足する栄養素をサプリメントで補うのも効果的ですが、普段の食事で身体によい物をたくさん食べることが望ましいです。
ダイエット食品に依存するのではなく、野菜や魚をしっかり食べるようにしましょう。

 

和食イメージ画像

全般的に洋食よりも和食の方が痩せやすくて栄養バランスが良いです。
朝はパンではなく納豆ご飯にしたり、夜は焼き魚のメニューを増やすなど、和食の比率を高めるだけでもダイエット効果を得られます。

 

また、油の多い外食やお菓子などの間食を控えるなど、太りやすい原因を取り除く努力をしましょう。

 

 

食事ダイエットに関連したサービスと仕事

都心ではダイエット向け料理を提供する飲食店が登場していますが、全般的にダイエットによる食事制限は自炊で対処する方法が中心です。
飲食店の場合は、ダイエットに特化したものよりも、栄養バランスの良いメニューを売りにすると幅広い客層を獲得できます。

 

定番の資格は栄養士ですが、栄養士を取得するには専門学校か短大、大学で2~4年の教育を受けないと受験資格を得られません。

 

栄養士以外では、ジムなどで活躍するパーソナルトレーナーが食事指導を行っています。
パーソナルトレーナーとしての認定資格を取得すれば、食事制限に関する知識を身につけられます。

 

ほかにも、肥満予防健康指導員、肥満予防健康管理士、インナービューティーダイエットアドバイザー、ダイエットインストラクター、ダイエットアドバイザーなどの民間資格があります。

 

パーソナルトレーナーは運動と食事の双方からダイエットをサポートしますが、一部ではネット相談を中心に食事指導をメインにしたサービスもあります。

 

食事で痩せるダイエットをサポートする仕事をしたい場合は、ローフードや自然派食品に強い飲食店で働いたり、パーソナルトレーナーとして働くほかに、ダイエット食品メーカーに就職する方法があります。ダイエット商品を扱うメーカーでは、社員割で安く購入したり、開発に携わってダイエットに関して深く勉強や研究をできます。