市販の酵素ドリンクの酵素は死んでいるのはホントなの?

MENU

酵素ドリンクの真実

酵素ドリンクは糖質や脂肪を分解させる効果から痩せるドリンクとして流行しました。
最近ではテレビでも酵素ドリンクの闇を暴かれるなど、ネガティブな情報が増えています。

 

本当に酵素ドリンクに痩せる効果は一切ないのでしょうか?

 

 

滅菌処理で死んでいるって本当?

コンビニやドラッグストア、通販で売っている酵素ドリンクは法律で定められている温度(65~85度)で高温殺菌するので、生きている酵母は死んでいます。
酵素は生きている酵母菌が発酵する際にでる分泌物ですが、酵母菌が死んでいると飲む時には酵素は新鮮ではありません。
乳酸菌のように、菌が死んでも成分が長持ちするものもありますが、酵素は長期間生きているものではありません。

 

2018年11月18日に放送された「林先生が驚く初耳学!」では酵素ドリンクを全面否定されましたが、優良品の場合は耐熱性酵母菌を使っているので死滅することはありません。

 

つまり、滅菌処理で死んでいるという話は商品によって異なり、全ての酵素ドリンクが痩せないとは言い切れません。

 

ただし、安くて手軽に買える酵素ドリンクのほとんどは意味がありません。

 

 

本来の酵素は体内で生成されるもの

人間の身体には酵素を発生させる機能があります。
たとえば食べた食事で分解されるのは胃から分泌される「ペプシン」という消化酵素が分解しています。

 

酵素には複数の種類があって、酵素サプリによっては数百種類の酵素を配合していることを売りにしています。
人間の身体は年齢とともに酵素を生成する量が減っていくので、歳を取るにつれて太りやすくなったり、油料理を食べると胃もたれを起こしやすくなります。

 

酵素ドリンク

それなら、高品質の酵素ドリンクで飲めばいいと思うかもしれないですが、口から飲んだ酵素は体内から出る他の消化酵素によって分解されてしまいます。

 

酵素が作用するのは温度や他の物質との化学反応などあらゆる要因があります。
酵素ドリンクで効果を得られるケースもありますが、ほとんどのケースでは活性化した状態で胃に留まって他の食事を分解する前に、力を失ってしまいます。

 

 

生野菜やスムージーも意味がない?

林先生が驚く初耳学!では、市販の酵素ドリンクではゼリーが溶けないけど、野菜や果物で作った生スムージーは過熱処理していないので酵素が生きていてゼリーが溶ける様子を報告されています。

 

これだけ見れば、手作り酵素ドリンクや耐熱性酵素を使った商品なら意味のあるように感じますが、前述で紹介したように口から含む酵素では体内で作用できる範囲が限られています。

 

生野菜は少量であればいいですが、痩せると信じて毎日多量を食べ続けると過熱した野菜よりも消化が悪いので太る原因になったり胃が荒れて消化酵素が生成されにくく逆効果になってしまうことがあります。なんでも特定の食材ばかりに偏った食事は効果を得られるのは最初だけで続けると副作用が多くなります。

 

また、酵素サプリメントの場合は、普段はあまり食べないハーブなど刺激の強い成分も大量に含まれているため、体調を崩す人が多く、国民生活センターでも酵素系の健康食品に対して注意喚起をしています。

 

 

まとめ

酵素ドリンクが痩せないという噂は全てが嘘ではないですが、酵素で痩せる条件を揃えるのは難しいことです。
一部で酵素ダイエットに成功した人もいますが、だれでも手軽に痩せられるダイエット法ではなく、酵素にこだわりすぎるのはよくありません。