「耳ツボ」を考えたのはフランス人!?

「耳ツボ」を考えたのはフランス人!?

1956年、フランスの神経科医ポール・ノジェ博士によって「耳には人体の各器官が投影されている」と発表しました。耳にある反応点を使った療法は「耳介療法」や「オリキュロセラピー」といわれています。

「耳ツボ」っていうと東洋医学の神秘のように思ってしまう方も多いと思います。でも、耳の刺激を病気の治療に応用したのは西洋人だったのです。意外ではありませんか?

ポール・ノジェ博士は耳の形が胎児の姿に似ていることに注目し、各器官と耳の関わり発見しました(胎児投影説)。この発想は東洋的と言えるでしょう。人体が宇宙の縮図と考えるのですから、耳に人体の縮図があることも納得できますね。

中国医学でも「耳は宗脈の集まりなり」(『黄帝内経霊枢』口問編)と言われています。簡単にいうと、「耳の中にはあちこちから気が流れこんでいますよ」ってことです。しかしながら、耳のツボで全身の症状にアプローチする方法はメジャーではなく、現代の鍼灸師のほとんどが使っていません。耳だけで言えば、やはりポール・ノジェ博士の説の方に軍配が上がるでしょう。





サイト名: ダイエットアドバイザー協会(DAA)   http://daaw.jp
この記事のURL:   http://daaw.jp/modules/tinyd8/index.php?id=13