医療チームが始めた「メディカルダイエット」−美容整体ラクル、食欲リセット(耳ツボダイエット)、肥満遺伝子検査
twitter
耳よりコラム「意外と知られていない耳ツボの豆知識」
文字サイズの変更 文字サイズを標準に戻します 文字サイズを大きく

耳よりコラム


古代中国で耳ツボが発見されなかった理由

現代で主に使われている耳ツボはフランス人の神経科医ポール・ノジェ博士が発見したことをコラム「耳ツボを考えたのはフランス人」で書きました。1956年の話ですから、最近の話です。耳つぼダイエットには長い歴史があるようで実は新しい方法なのです。

ちなみに中国でツボが発見されたのは2,000年以上も前の話です。耳の周辺にはたくさんツボがあって、耳周辺ツボは古代から治療に使われていました。でも、不思議なことに古典的な経絡図(気の流れる道を示した図)では、耳にツボが書いてありません。あるのは耳周辺のみです。

中国医学におけるツボは「鍼を刺すポイント」ということが前提です。もしかすると、効果は発見していたのに、鍼を刺すと痛いので常用しなかったのかもしれません。最近の鍼は細くしなやかに作られているので、耳に刺してもほとんど痛くありません(耳つぼダイエットでは鍼は使いません)。2,000年以上前の鍼は、現代のものよりずっと太かったはずです。昔の人も痛いのは嫌だったでしょうから、耳にツボがないのも納得できます。

中国医学では、全身のツボを上手に利用するので、あえて耳にこだわる必要がなかったのも発展しなかった理由の一つでしょう。近代に入ってからは中国でも耳ツボの研究が盛んになり、ポール・ノジェ博士のフランス式と並んで中国式の耳ツボがあります。

プリンタ出力用画面
前のページ
「耳ツボ」を考えたのはフランス人!?
コンテンツのトップ 次のページ
「耳つぼ」と「足つぼ」
Go Page Top